English Expressions

【英語表現】「安い」に”cheap” は使わない方がいい?

english expressions

「安い」に”cheap”は使わない方がいい?

何かが「安い」と言いたい時に、まず思い浮かぶのは「cheap」という単語ではないでしょうか?

しかしながら、この「cheap」という言葉は話し相手によっては誤解を招く場合があるため、状況によっては注意して使わなければいけません。

今回は「cheap」という単語の意味と、「安い」ことを言いたいときに使える表現のバリエーションをご紹介いたします。

“cheap”の意味

“cheap”の意味は、単純に「価格が安い」ということの他に、「質が安っぽい」という場合に使われることがあります。

あなたが「料金が安いことについて話している」ことが誰にでもが分かる状況であれば”cheap”を使っても問題ありません。

しかし、例えば「That company’s products are so cheap.」と言った場合には、「価格が安い」のか、「(価格も安いが)質が安っぽい」のかどちらか明確ではありません。もしそこの商品が好きな人が聞いたら「ん?」と思うかもしれません。

なのでもし微妙な空気になったら(笑)、「Even though that company’s products are so cheap, the quality is high.(あそこの会社の商品は安いけど、質はいいよね~)」など、質をフォローする言葉があると良いと思います。

何を使えばいいの?

万が一「cheap」を使うのが適切でないと感じる時のために、いくつか類語を覚えておくと便利です。

  • less expensive (高くない)
  • Inexpensive(高くない)
  • affordable(買えるくらいの)
  • reasonable (妥当な)
  • reasonably priced(妥当な)
  • cost-effective(費用対効果のある)
  • bargain(バーゲン)

とはいえ、普段の友人との会話で「It’s reasonably priced!」などと言ってしまうと大げさなので気を付けましょう。

ちなみに・・・「ケチ」と「倹約家」は何て言う?

「You’re a cheap person!」と言った場合には「あなたはケチな人ね!」という意味になります。

ネガティブな表現の場合は、

  • cheap
  • stingy

が使用されます。

逆に、「倹約家」「節約家」とポジティブに表現したい場合は、

  • frugal

を使います。

 

ABOUT ME
トリカナ
トリカナ
海外に行きたいけど不安がたくさんある人を応援したくてブログを始めました。ひとりひとりが自分に正直でいられる世界になってほしいなと思いながら生きています。