マーケティング

【Google Ads】初心者、ようやく仕組みを理解する!

google-ads

Google Ads(広告)の仕組みを知りたい

Google Adsの仕組みが難しくて理解できない・・・
どういうルールで表示されるの?

今日こそ理解するぞ!

ということで、まとめていきます。

Google Ads の種類

まず、Google Adsには幾つかの種類の広告があります。

  1. 検索広告(Search Ads)
  2. ディスプレイ広告(Display Ads)
  3. ビデオ広告(Video Ads)
  4. アプリ広告(Apps Ads)
  5. スマート広告(Smart Ads)
  6. ショッピング広告(Shopping Ads)

この中でも特に理解すべきなのは①②です。

検索広告(Search Ads)

検索広告は文字通り、検索結果(SERPs)に表示される広告です。Googleランキングに則ったオーガニック結果より上位に表示され、よく見ると緑色の文字で「広告(Ad)」となっていることがわかります。

ディスプレイ広告(Display Ads)

ディスプレイ広告は主にGoogle Adsの表示を許可しているウェブサイト上に表示されます。Google AdSenseはウェブサイト運営者向けのサービス、Display Adsは広告運用者向けのサービスと理解するとわかりやすいでしょう。検索広告との違いは、ウェブサイト管理者は広告の内容を指定することができません。

広告はどうやって表示される?

Google Adsでは、広告はオークション形式で表示されるようになっています。

ユーザーがGoogleで検索を行ったり、ウェブサイトを表示する度にこのオークションが行われ、瞬時の内に表示される広告が決まります。

ただし、入札単価のみが表示結果を左右するのではなく、「広告ランク(Ad Rank)」というものが存在しており、それが表示結果に影響しています。

広告ランク(Ad Rank)

Googleの検索ランキングと同じように、完全に明らかにはされていませんが幾つかの要素が存在しています。

  • ランディングページの利便性(Landing Page)
  • 関連性(Ad Relevancy)
  • 推定クリック率(Expected Click Through Rate)

ユーザーが入札した検索語句で検索をした場合でも、広告が表示されない場合があります。それは、Googleが常に質の高い広告を表示するために、この広告ランクの下限値を定めているためです。いくら入札単価を高く設定したとしても、広告ランクが低ければ表示されないのです。

ABOUT ME
トリカナ
トリカナ
海外に行きたいけど不安がたくさんある人を応援したくてブログを始めました。ひとりひとりが自分に正直でいられる世界になってほしいなと思いながら生きています。