マーケティング

オンページSEO(On-page SEO)とは?何をどうすれば良いの?

On-page SEO

On-page SEO / On-site SEO

オンページSEO(On-page SEO)もしくはオンサイトSEO(on-site SEO)は、Googleランキングでより高評価を得たりより質の高いトラフィックを得るために、個々のウェブページを最適化する手法を指しています。「オンページ」というのは、コンテンツそのものとHTMLの両方を指しています。

サイト上のコンテンツを最適化せずにSEOを語ることはできません。Googleのアルゴリズムにおいて、ページ上のコンテンツはより比重の重い要素と言っても過言ではなく、どのようにコンテンツを書き、どのように最適化すればよいか知ることは非常に重要です。

もしあなたがランキングにつけたいキーワードに最適化したページを有していない場合、そのキーワードに関する検索結果に表示されるのはほぼ不可能と言えます。

オンページSEOの役割は、ページの内容を検索エンジンに伝えるだけにとどまりません。ユーザーにとっても、そのページが何について書いてあるのか、どこにクエリの答えがあるのかをより早く・より明確に伝えることができます。

良いオンサイトSEOとは、そのウェブページにおいて人間(ユーザー)が何を見つけられるのか、どのような価値を得られるのか、を検索エンジンに対して伝え、検索エンジンがより質の高い検索結果を表示できるようにすることを指します。

キーワードの調査

ウェブページの最適化を始める前に、しっかりとしたキーワードの調査を行わなければなりません。どのようなキーワードでランキングを目指すべきか、どのキーワードがあなたのビジネスにとって価値があるかの標準を定め、集められたキーワードの中でも特にどれが最も検索ボリュームが高いかを調査します。この段階において、人々はどのようなことについて検索したがっているのか、SERPsにおける検索需要がどうなっているのか、どのような競合がいるのかを知ることができます。

  • より良いSEO戦略を立てるために、検索需要を理解する
  • マーケティング目標とランキング獲得のために使用できる言葉やフレーズのリストを作成する
  • ウェブページにキーワードを取り込む

キーワードの種類

言葉の意味が広ければ広いほど、全体としてのトラフィックは多くなります。

 “fat head” terms

基本的で広範を指す言葉です。

“chunky middle” terms

“fat head” termsにキーワードを更に加えると、”chunky middle” termsと呼ばれるものになります。検索ボリュームはそこまで多くありませんが、その分競合も少なくなり、ランキング上位を狙いやすくなります。

“long tail” terms

更にフレーズを加えたものを、“long tail”と呼びます。これらは更に検索ボリュームが少なく、かつ競合も少ないキーワードと言えます。

キーワードに関する用語

ボリューム(Volume)

1か月あたり、どのくらいそのキーワードが検索されているかを示す値です。 ツールを使用することで、最小値~最大値のボリュームレンジを見ることができます。

クリック率(CTR, Crick-Through Rate)

検索者がSERPにおいて、イメージブロック・アドワーズ・スニペット・ナレッジパネルではなく、オーガニック検索結果をクリックする割合です。

難易度(Difficulty)

キーワード難易度が高ければ高いほど、ランキング上位に表示されるのが難しいことを示しています。

Latent Semantic Indexing (LSI)

ワードそのものだけではなく、文章内におけるワードとワードの関連性からコンテンツの内容と充実度を分析する技術のこと。

On-page SEO

ページタイトル

<head>内に記述。タイトルタグで囲う。

記述方法:<title>タイトル</titele>

  • ユニークであること
  • 40~70文字(最大587ピクセル)であること
  • 重要なワードをできるだけ最初に持ってくること
  • 例)キーワードを含む短いセンテンス|会社名 (|はピクセル数が少ないためよく使用される)
  • タイトルはCTR(クリック率)に影響し、CTRはランキングに影響する

メタディスクリプション

<head>内に記述。ページ内の情報を伝える。

記述方法:<meta name=”description” content=”ディスクリプション”>

  • ユニークであること
  • 155文字~300文字程度が望ましい(表示できる長さは変化することがある。記述自体に字数制限はなし)
  • 検索キーワードを意識して含めると、SERPsにおいて太字で強調される
  • 記述しない場合、SERPsには自動で表示されるが、避けるべき
  • ランキングそのものには直結しないが、CTRには影響する

URL(スラッグ)

キーワードを用いながら、なるべく短く論理的でわかりやすい構成にする。

避けるべきこと:

  • キーワードを詰め込みすぎる、重複させる
  • フォルダーを作りすぎる
  • ストップワード(the/at/ofなど)を使用する

メタキーワード

以前は使用されていたが、濫用されたため今日では使用されていない。現在はランキングにも影響しないし、ライバルに狙っているキーワードを教えるようなものなので、基本記述しない方が良い。

<head>内に記述。<meta name=”keyword” content=”キーワード1, キーワード2″>

テキスト

SEOのテクニックは色々ありますが、実際のテキストコンテンツが最重要です。

  • 基本的に、長ければ長い方が良い
  • 関連するワードを意識的に使用する ※LSI(Latent Semantic Indexing)を参照
  • メディア
  • 他ページへのリンク
  • 構成

ヘッディング

見出しに使用するタグ。

  • <h1>は1ページにつき1つまで
  • <h1><h2><h3>はSEOにおいて重要度が高い
  • <h4><h5><h6>は重要度が下がるのでスタイリング/デザイン目的と考えるべき
  • 長すぎない、短い文章またはそれ以下

内部リンク

ウェブサイト内部の別のページ、もしくはリソースへつながるリンクを設定する。

イメージ・メディアコンテンツ

オルタナティブテキストを用意する。

ABOUT ME
トリカナ
トリカナ
海外に行きたいけど不安がたくさんある人を応援したくてブログを始めました。ひとりひとりが自分に正直でいられる世界になってほしいなと思いながら生きています。