Marketing

SERP(s)とは?種類は?を簡単に説明しました

SERPs

SERP(s)とは

SERP(s)(Search Engine Result Page(s)=検索エンジン結果ページ)とは、文字通り検索エンジンで何かを検索した時に表示される検索結果のページの事を指します。

初期の検索エンジンでは、結果に表示されるのはオーガニックだけ(=普通のウェブサイトが一覧になっているリンク集のような感じ)、現在はそれ以外にも様々な要素が表示されるようになりました。

SERP(s)の要素

1. フィーチャード・スニペット(Featured Snippets)

検索内容に対する答えを権威性の高いウェブページから抜粋して表示している、「ぱっと見てわかる答え」です。表示場所はオーガニック結果より上、「ポジション・ゼロ」に表示されます。

1つのウェブサイトにつき1個、最大2個まで表示されます。通常、参照ページのタイトルとURLも掲載しています。

3つの種類がありますが、殆どはparagraph snippetsです。

  • paragraph snippets
  • list snippets
  • table snippets

検索結果の一番上に表示されますが、クリック率は高くありません。「ぱっと見て答えがわかるから」、クリックする必要がないのです。

これは、GoogleのゴールがウェブサイトのURLをクリックさせることではなく、再度他の検索を行ってもらうことだからです。

2. ショッピング・リザルト(Shopping results)

こちらもフィーチャード・スニペット同様にポジション・ゼロに表示されますが、これらはProduct Listing Ads(PLAs)と呼ばれる有料広告です。

通常、商品の画像、料金、レビューと共にカルーセル形式で表示されます。

3. サイトリンク(Sitelinks)

もしユーザーがドメイン名や会社名などを検索した場合、ホームページのリンクの下に、最大で10個のサイトリンクが表示されます。

このサイトマップが表示されるのはオーガニック検索でトップ5位までのリンクです。

4. イメージ・パック(Image packs)

イメージ・パックはSERP(s)に表示される一連の画像の結果で、写真をクリックした場合はGoogle画像検索につながります。

ユーザーが入力した検索内容に対して、画像での回答が最適とGoogleが判断した時に表示されます。

5. インデプス・アーティクル(In-depth articles)

もしクエリが具体的でない場合、インデプス・アーティクルが表示されることがあります。

ブロックの中に3つの記事が表示されます。ブロックはオーガニック検索結果のひとつとして扱われます。記事は基本的に権威性の非常に高い所から引用されますが、ニュース・ボックスほど難しくはありません。構造化データを使用しています。

6. ニュース・ボックス(News box)

もし検索内容がニュースや時事に関連することであれば、ニュース・ボックスを表示することがあります。これらの検索結果はGoogle Newsから引用されたものです。ブロックには記事につながるいくつかのリンクが含まれます。構造化データを利用して表示させますが、個人が表示させるのは難しいでしょう。

7. ナレッジ・パネル(Knowledge panel)

ナレッジパネルはオーガニック結果の右側に表示されます。表示される情報はGoogle data partnerships、Human-edited sites(例えばWikipedia)、Google site indexから引用されます。

ナレッジ・パネルはSEOによって作成することはできませんが、例えば自社のナレッジ・パネルが作成された場合に「何を表示させるか」を変更することができます。

8. ローカル・パック(Local pack)

もし検索内容が地域に関連するものであった場合、GoogleはSERP(s)内、主にオーガニック結果の一番上にローカル・パックを表示させます。特にモバイル端末から見た場合には、多くのスペースを占有します。

ローカル・パックは地図と3つのロケーション情報(住所、電話番号を含む)を含んでいます。検索内容によっては、ウェブサイトのリンク、ディレクションのリンク、または画像や料金情報などを表示します。

Google My Business (GMB)に登録し、最適化を行うことが重要です。

9. 関連クエリ(Related Queries)

もし検索内容がその他の質問や検索につながるものであれば、GoogleはSERP(s)のどこかに関連クエリを表示させることがあります。

「people also ask」は、よくある質問をアコーディオン・ボックスに表示しており、それぞれの質問をクリックすると記事が拡張し答えを確認することができ、フィーチャード・スニペットのようです。

また、こちらに表示される回答は、実際にそれぞれの質問を検索した際に表示されるフィーチャード・スニペットです。

10. ツイート(Tweets)

Twitterのツイート記事を直接表示させることがあります。SEOにより表示させることはできませんが、表示された場合SNSの質を高めておくことは重要です。

11. 動画(Videos)

動画結果が表示されることがあります。 Google傘下にあるYouTubeから引用されるケースが殆どですが、他のホストから表示させることも可能です。

12.オーガニック結果(Organic results)

1ページにつき10件表示されます。SEOはこのオーガニック結果にいかにウェブサイトを表示させるよう最適化するかということにつきます。

13. 広告(Google Ads)

0~4個の広告が表示されることがあります。「Ad」という緑色のマークが目印です。

まとめ

SERP(s)には、SEOにより変更可能なものとそうでないものがあります。

ABOUT ME
トリカナ
トリカナ
クリエイティブなことが大好きです。