留学を満喫しよう

サマータイムって結局何?Summer Time/Daylight Saving Timeとは?

summer-time

サマータイムって結局何?

サマータイム、デイライトセービングタイム、DST、夏時間・・・。

聞いたことあるけれど、イマイチ何のことかわからない!という方も多いのではないでしょうか。

実は、日本でも過去(戦後)には実施していたことがあったんですよ!

サマータイムを実施している国はどこ?時期はいつ?

現在、サマータイムを実施しているのは、主要留学先の中では以下の通りになります。

  • アメリカ(3月第2日曜日午前2時〜11月第1日曜日午前2時)
  • カナダ(3月第2日曜日午前2時〜11月第1日曜日午前2時)
  • イギリス(3月最終日曜日午前1時 – 10月最終日曜日午前1時)
  • オーストラリア(10月第1日曜日午前2時 – 翌年4月第1日曜日午前3時)
  • ニュージーランド(9月最終日曜日午前2時 – 翌年4月第1日曜日午前3時)

ご覧いただくとわかるとおり、国によっても時間が異なります。

また、国全土での実施ではなく、一部地域はサマータイムを廃止しているケースもあります。

サマータイムの目的

サマータイムの目的は、一言でいえば「明るい時間を有効活用する」こと。

日本に住んでいるといまいちピンとこないかもしれませんが、緯度の高い国では「夏は朝6時から夜9時まで明るい」なんていうことがままあるのです。

そこで、夏の間は1時間早く起きて、時間を有効に利用しよう!というのがサマータイムの考え方です。

期待されている効果としては、以下のようなものがあります。

  • 明るい時間を有効活用し照明の節約になる
  • 明るい時間を有効活用し余暇が充実する
  • 余暇が充実するので経済効果が上がる

 

サマータイムに対する反論

サマータイムに反対する人々もおり、実際に廃止した国もあります。

反対する理由としては以下のようなものが挙げられます。

  • 健康上悪影響が出る
  • 切替コストがかかる

夏時間に切り替わる時は、睡眠時間が1時間削られるようなものです。人間の体は即日対応できるわけではないため、1週間ほどは悪影響が出る→交通事故などの増加につながる、という考え方もあるそうです。

また今ではスマホも壁時計も自動的に1時間戻してくれるものが多いですが、全部手動でやらなくてはいけなかったら、それは確かに大変ですよね。

そもそも時間ってなんだ?

時計の針を変えながらつくづく思うこと・・・

こんな簡単に時間を変えることができるなら、今過ごしている時空ってなんなんでしょう。

1日24時間、1年365日という数字が当たり前になりすぎているけど、もっと自分に都合の良いように有効活用できる気がする。

ABOUT ME
トリカナ
トリカナ
海外に行きたいけど不安がたくさんある人を応援したくてブログを始めました。