留学の計画を立てよう

【英語学習】カナダの英語はきれいって本当?実際のところ

英語
その辺のネコ
その辺のネコ
留学するなら、英語がきれいなところが良い!

留学先を選ぶ基準は人によって様々です。
「治安が良い」「物価が安い」「その分野の最先端の知識が得られる」等々…。

中でも留学のカウンセリングをしていてよく聞く、「英語がきれい」「訛っている」という話。これは本当なのでしょうか?

カナダの英語はきれいなのか

結論から言ってしまうと、カナダの英語は「きれいな英語」というより、「日本人にとって聞き取りやすい英語」なんだと思います。

そもそも、「きれいな英語」なのかと問われた場合、まずは「誰にとって?」「きれいとは?」という議論が必要になります。

そもそも「きれい」の基準は?

英語の発祥はもちろんイギリス

ですが、「イギリス英語が聞き取れない!」という方も少なくないんじゃないでしょうか。

その辺のネコ
その辺のネコ
心当たりあるわー。

それもそのはず、日本人は戦後から今までずっと公教育はアメリカ英語で勉強をしてきました。Today=「トゥデイ」が「トゥダイ」になったら、そりゃいきなりは聞き取れないんです。

でも「きれいなイギリス英語」「きれいなアメリカ英語」ってどちらも存在しそうなのに、「きれいなカナダ英語」ばかりが界隈で取り沙汰されているのはどうしてでしょう。

世間で言われている「きれい」とは何か?というと、「聞き慣れないアクセントや言い回しがなく、はっきりしていて聞き取りやすい」ということなんじゃないかと思うのです。

「誰にとって」きれいなのか?

確かにカナダの英語はイギリスのような強いアクセントがない、アメリカのように言葉を繋げ過ぎないということで、誰にとっても聞き取りやすいニュートラルな英語なのでしょう。

しかし、イギリス人が「カナダ人の英語がきれいだから」と憧れてマネすることがあるか?と言われればそういうことはなく、むしろ多いのはその逆です。また、スタンダードと言われているカナダ英語も、「Eh?」みたいに特徴的な表現(だよね?みたいなもの)を持っていて、これはアメリカやイギリスでは見られないもののひとつです。

カナダの英語がきれいと言われる理由

カナダ英語は、イギリスのスペリング+アメリカの発音と言われています。

スペリングは「centre(center,中央)」や「colour(color,色)」が有名です。これは日本人からすると、慣れるのに実はちょっと時間が必要ですね。

発音は部分的にイギリス寄りなところもありますが、全体としてはアメリカの発音に近いため、日本人には比較的聞き取りやすいと思います。

また、カナダは移民の多い国=英語を母国語としない人が多いため、「はっきり」「ゆっくり」話す人が多い、という風にも言われています。一方、アメリカ人の発音はリエゾンが多く、ナチュラルスピードについていくには「gonna、gotta、wannaなどといった言葉がある」ということを予め知識として持っておく必要があり、ここでつまずく日本人が多いのです。

「きれいさ」より重要なこと

留学相談を受けていると、「訛りがつくと嫌だから…」「正しい英語を身につけさせたいから…」というようなお話をよく聞きます。

そんな時、私がいつも言っているのは、

・1年以上留学する(さすがに染みついてくる)
・現地で進学/移住/就職を考えている(相手の受け取り方の問題)
・既にペラペラ話せる(意思疎通の次の段階)

のいずれかなら、気にしましょう。ということです。

夏休みの短期留学だけで、訛りががっつりついて修正できなくなるようなことはありません。それより、日本人の多くは「まず話す」ということが圧倒的に不足しています。しかも皮肉なのは、「きれいな英語を話したい」という思いが強すぎて、「なんにも話せない」人が多すぎるのです。今や世界中で英語は話されていて、母国語じゃない人なんて山のようにいるのですから、そんなに気にする必要はありません。

ただ、もう自分の言いたいことは基本的に問題なく言えて次は発音に拘りたいとか、個人的な好みがあるとか、現地の会社に就職したいとか、専門領域に関係しているとか、そういうことであればその国の英語を学ぶのが一番良いでしょう。

余談ですが、私の知人はイギリスで専門的な勉強をする時に、「まずはイギリス英語をやり直してこい。話はそれからだ。」と言われたことがあったそうです。言語は文化と密接な関係にありますし、こればかりはその人の目的によるところでしょう。

こだわり過ぎず、柔軟に学習しよう

今や英語は世界中で話されていて、母国語と英語に加えて3か国語以上を話すマルチリンガルも全く珍しいものではなくなってきました。

そんな世界では、「CD教材に出てくるようなネイティブの英語を話せるようになること」を目的にすることには、果たしてどれくらいの意味があるのでしょうか?

留学生に人気の高いバンクーバーやトロントといった都市も、移民が多いためカフェでスーパーで観光地で、日常的に訛った英語を頻繁に耳にすることになります。グローバルな仕事に就くとしたら、今後はますます色々な訛りを持つ人々とコミュニケーションを取っていかなければならないのであって、「私はきれいな英語しかわかりません」というのではどうしようもないのです。というわけで、特別こだわる理由がないのであれば、柔軟性を持って色々な英語を勉強していくことをお勧めします★

ABOUT ME
トリカナ
トリカナ
海外に行きたいけど不安がたくさんある人を応援したくてブログを始めました。