留学の計画を立てよう

【留学】ホームステイに向いている・向いていないのはこんな人。あなたはどうする?

homestay
その辺のネコ
その辺のネコ
留学中の滞在先って悩むよね。

定番はホームステイ
でもあたりはずれが多いってよく聞くし。

結局なにがええの?

さて、本当のところはどうなんでしょ?

今回は、

  • 留学アドバイザーの私
  • 留学中の滞在先を決めかねている人に向けて
  • 私が留学相談に乗る中で感じたホームステイに向いている人・向いていない人について

がっつりお話していきます。

ではどうぞ~!

そもそも、ホームステイとは

ホームステイとは、留学先の一般家庭に家族の一員として迎え入れられ、共に生活をする滞在形態です。共同生活を通してお互いに異なる文化を学びあうことを目的としています。

近年では、学校ホームステイ会社が代理店としてホストファミリーを紹介するだけでなく、インターネットを通じてホストと宿泊者が直接つながるケースも増えてきました。

ホームステイのメリット

英語が上達しやすい

原則として「ネイティブ」もしくは「その国の言葉を流暢に話せる移民の家庭」に滞在するため、一人でアパートメントに滞在するよりも会話の機会が増えます。

特に語学学校に通う場合、クラスメートは全員留学生ですから、ネイティブと交流する機会というのはとても貴重です。一緒に生活することで、日常に密着した単語や言い回しを覚えたり、ネイティブスピードに慣れることができるというのもメリットです。

特に、定年退職したご夫妻がいる家庭は、たくさん会話の相手をしてもらえるため人気です。

その国の文化や価値観を学ぶことができる

ホームステイの魅力は、英語の勉強だけでなく、現地の生活文化や価値観を知ることができることです。

  • 毎日家族にI love youと言っている!
  • 家に上がる時に靴を脱がない!
  • お風呂はシャワーで済ませる!

時にはうらやましいと感じたり、逆に馴染めないと感じることもあるでしょうが、それもすべて含めて留学です。

留学経験者がよく留学をすることのメリットとして挙げている、「他人や環境に対しての許容範囲が広がった」というのも、まさにこの経験を通して得られるものと考えてよいでしょう。

食事を作らなくていい

ホームステイには通常食事がついており、1日2食または3食のところもあれば、朝食だけキッチンの使用権利だけのところもあります。

食事なしのプランの場合は、一般的に「ルームステイ」と呼ばれています。今流行りのAirbnbカウチサーフィンもその一種と考えて良いでしょう。

食事の内容ですが、朝は基本的にセルフサービス(シリアル・パン・フルーツなどを自分で用意して食べる)、昼はランチボックス(サンドイッチなどを自分で作るか用意してもらう)、夜はホストの作った料理を一緒に食べるといった家庭が多いようです。

特に一人暮らしをしたことがない人にとっては、初めての土地でいきなり3食自炊というのは思いのほか大変です。食事の心配をしなくて良いというのは大きな安心につながるでしょう。また、勉強に時間を費やしたいという方にももちろんお勧めです。

滞在費用が安く短期でもOK

もちろん手配ルートや立地、クオリティにより料金は様々ですが、一般的にホームステイ料金はかなり安く設定されています。また通常、ホームステイ料金には食費・水道光熱費・Wi-Fi費などの雑費が含まれています。

一方、アパートメントの場合は別途支払いが必要なケースもあり、注意しないと結果的に割高になってしまう可能性があります。

さらに、「最低4週間」などの「最低契約期間」が設定されているなど、短期留学生は滞在自体ができない場合もありますので注意してください。

ホームステイのデメリット

ホストファミリーは選べない

原則として、学校やホームステイ会社を利用する多くの場合は、滞在先のホストファミリーを直接選ぶことができません。

生死にかかわるくらい重篤なアレルギーなどであれば考慮されますが、「子供がいたほうがいい」「学校から近いほうがいい」「趣味が同じほうがいい」「ペットがいない方がいい」はあくまでもリクエストとして受理されます。

しかし、そのリクエストとしても受理されるのが難しいのが国籍・家族構成・宗教などです。移民が増えている昨今、ホストファミリーだって「英語はペラペラだけど、生まれは他の国」というケースも普通に存在しています。それこそが国際社会であると理解することが留学の第一歩なんですが、悲しいかな、それをわかってもらえない人が多いんです。

「相性もあるし、どうしても自分で選びたい!」という方は、マッチング形式のホームステイサービスを探すことをお勧めします(但し、手配するのにある程度の英語力が必要になり、またセキュリティに若干の心配がありますので、利用する場合はよく調べて安全を確保してくださいね)。

自由度が低い

ホームステイは家庭毎の決まり「ハウスルール」があり、滞在する以上はその決まりを守らなくてはなりません。「夕食は何時」「門限は何時」「食事が要らない場合は必ず連絡する」「シャワーは10分以内」「洗濯は週1回」・・・。

最初の頃は良くても、留学生活が長くなるにつれ、親しい友達ができたり、何かしらのコミュニティに参加したりするなど、外部とのつながりができてくることでしょう。そうなると、この「ハウスルール」が少し面倒になってくるものです。ホームステイを数週間~数か月した後に、シェアハウスやアパートメントに転居する人が多いのはそのためです。

食事が美味しいとは限らない、気を付けないと太る

これはよく聞く話です。そりゃどこの国でも料理上手な人もいれば下手な人もいますから、そういった意味では「あたり」「はずれ」はあるかもしれません。

また、海外の食事は日本と比較するとどうしてもボリューミー&ハイカロリー。帰国後、太って帰ってくる人が後を絶ちません・・・(※もちろん日本よりヘルシーな食生活の人や、ベジタリアンの人も沢山います)。

もしどうしても心配であれば、Roomstay(部屋のみ)もしくは Bed & Breakfast(朝食のみ)にして、食事は外食することをおすすめします。それが嫌であればアパートメントに住み、自炊することもできます。あまり多くはないですが、キッチンを使わせてくれるかていもありますので、必要であれば申込時に確認しましょう。

通学が大変

今はWi-FiがあればいつでもGoogle Mapを開くことができますが、「英語も苦手だし、方向音痴!」という人にとって、ホームステイの通学(特にバスの乗り継ぎがあるような場合)は少しハードルが高いかもしれません。

そんな方は、学校のそばにあるアパートメントや学生寮を選ぶか、比較的小さな町でホームステイをしましょう。大都市だと公共交通機関で40~60分の通学時間がスタンダードですが、小都市(特にイギリス郊外や、オーストラリアのケアンズ、マルタなど)を選べば、徒歩圏内のホームステイが見つかる場合もあります。

ホームステイが向いている人

留学初心者

海外が初めての人にはまずホームステイをお勧めしています。

その土地や生活のことを教えてくれて、食事をつくってくれて、プランによっては通学送迎をしてくれるホストファミリーがいれば、初めての土地でも少し安心ではないでしょうか。

一方で、経験者には「英語が全く話せないので、ホストファミリーと良い関係が築けなかった」という人もいるかもしれません。ただ、そういう悔しさもどかしさをバネにすることで、語学力というのは飛躍的に伸びていくものです。「旅の恥は搔き捨て」で、自分から沢山コミュニケーションを取ってください。

社交性の高い人

「誰でもすぐ仲良くなれるよ」という社交性の高い人は、ホストファミリーともすぐに打ち解けることができるでしょう。

学校ではもちろん、家に帰っても会話を沢山していれば、コミュニケーション能力はぐんぐん伸びるはずです。ホストファミリーと仲良くなって、お別れの日には涙・・・という話もよく聞きます。

仮に英語力自体は高くなくても、人と話すことが好きな明るい人は、ホームステイが向いているでしょう。

ホームステイが向いていない人

自由な生活をしたい人

「ハウスルールは窮屈で嫌だ」、「好きな時に起きて、食べて、出かけて、寝たい」という自由を愛する人にはホームステイはお勧めしません。

アパートメントで完全にプライベートな空間を確保するか、シェアハウスで同年代の仲間と自由に生活するほうがよっぽどストレスなく過ごせます。

社会人の場合はこういった観点からホームステイを遠慮する方が多いですが、逆に言えば、これが問題でなければ、大人であってもホームステイでも大丈夫です。

内向的な人

独りの時間が好きだったり、人付き合いがさほど好きでない場合は、ホームステイだと苦労するかもしれません。

かくいう私も超絶人見知り+日本人的思考の人間なので、ホームステイをした時は、

「いつ何を話せばいいんだろう?」

「これやっていいのかな?」

「気分を害さないかな?」

など、日々様々なことを考え疲弊していました・・・。

しかし、結論から言うと、やってみてよかったんですけどね。現地の人との共同生活を通して、自分のコミュニケーションの課題や、文化・価値観の違いというものを学ぶことができたからです。

ただ、「そんなストレスは不要!」という方は、別の滞在方法を選びましょう。私も次やるとしたら、シェアハウスに滞在するつもりです(笑)。

留学の目的をもとに滞在先を決めよう

ホームステイは、留学初心者~上級者まで、コミュニケーション能力を上げたい人・他人と関わるのが好きな人には広くおすすめできる滞在方法です。

とはいえ、留学中の過ごし方は人によって様々。「どれが一番良いですか?」ということではなく、自分が留学を通して得たい目的(ゴール)から滞在方法を逆算して検討することをお勧めします★

以上です!少しは参考になったら嬉しいですっ!!

ABOUT ME
トリカナ
トリカナ
海外に行きたいけど不安がたくさんある人を応援したくてブログを始めました。