留学の計画を立てよう

ホームステイが不安な人、取り敢えずここに集合!一緒に考えましょ!

homestay-trouble

その辺のネコ
その辺のネコ

あの~ホームステイしてみたいんですけど。

でもよく当たり外れがあるっていうじゃないですか?

どうなんでしょ、そのあたり?

仕事をしていて、恐らく過去に一番お問い合わせいただいたのがこの質問です。

本記事では、

  • 留学アドバイザーのトリカナが
  • ホームステイをしてみたいけど不安!という方に向けて
  • ホームステイの仕組みや、実際にあったトラブルと対処法

についてしっかり!お話しします。

こっちも見てみてね。

結論:ホームステイの当たり外れは・・「ある」

結論から申し上げましょう。

ホームステイの当たり外れは・・「あります」!!!

その辺のネコ
その辺のネコ

ほら~~~やっぱり!

わいのホストファミリーは一番いいとこね!

絶対ね!!!

いえ、「一番いい家庭」とか「一番わるい家庭」とか、そんな単純なものでもないんです。

ホストファミリーはどのように決まるのか?

そもそも、ホストファミリーってどのように決まるんでしょうか?

ホストファミリー契約

ホストファミリーになりたい家庭が、学校またはホームステイ会社に応募をするところから始まります。

学校またはホームステイ会社の担当者は、ホストファミリーの家族構成・職業・立地・家屋の条件などから学生にふさわしい家庭かどうかを判断します。

そして、問題がなければ実際に家庭訪問をして、家の中の様子を確認し、ホストファミリーと面談を行います。

これらをクリアすると、契約を結び、ホストファミリー向けの研修を受け、実際に学生を受け入れてもらいます。

家庭訪問は定期的に行うところもあれば、1度きりのところもあるようです。ホストファミリーによっては、1つの機関だけでなく、複数の機関と契約し斡旋してもらっているところもあります。

2-2. 学生がホームステイを申し込む

学生がホームステイを申し込む際、氏名・年齢・性別・連絡先などの基本情報の他に、以下のような情報を提出します。

  • アレルギー
  • 既往歴
  • 喫煙習慣
  • ペットの有無希望
  • 子供の有無希望
  • 食事条件(ベジタリアン、宗教上食べられないもの)
  • 家族構成 など

ただし、例えばペットの有無子供の有無はあくまでリクエストなので、必ずしも希望が通るわけではありません。病気や重篤なアレルギー持ちの人が最優先されます。

「希望したのにいなかった!」と言ってエージェントや学校を責めないであげてくださいね(汗)

ホストファミリーと学生のマッチング

学生から申し込みがあったら、いよいよホストファミリーとのマッチングです!学生が希望している期間、受け入れができる家庭を探します。

ここで勘違いしがちなのが、ホストファミリーには希望がないと思っている人。

ごめんなさい、
ホストファミリーだって学生選びたいんです・・。

例えば「年頃の娘が家にいるので、女の子がいい」とかね。「学生さんだったらいいけど、自分より年上はちょっと」とかね。

そこでうまくマッチングできたら決定になります。これが大体滞在開始の2週間前くらい。

その辺のネコ
その辺のネコ

それじゃ遅いよ~ もっと早く教えてや~

うーん、でもね。ホストファミリーだって一般家庭。突然用事が出来てしまうことだってあります。もしかしたら、不幸がある場合だって。

ホームステイ先がコロコロ変わるのは、学生にとっても不安だし、事務的にも非効率的。学生側だっていつキャンセルしないとも限りません。多い学校だと同時に500名以上ホームステイを手配しないといけないところもあるんです。なんとか許してあげてください。

ホームステイトラブル実例

では、これから実際にあったホームステイトラブルの一部を紹介していきます。

私が伝えたいのは、「だからホームステイはやめておきなさい」とか、そういうことではなく、防げるものは防いで、良い経験をしてほしいということです。

3-1. 【問題度★★★】許してはいけない!犯罪行為と契約違反

ホームステイうんぬんとかではなく、絶対に許してならないのが「犯罪行為」。具体的には、所持品・金銭の窃盗や、暴力、セクハラなど。このような事態に万が一陥ってしまったら、すぐさま緊急連絡先に電話をしましょう。

重大な犯罪というほどではないけれど、ホームステイの「契約を違反」している場合。例えば、1日3食付きなのに食事が全然提供されない、個室で申し込んだのに他の人と寝室が同じ、など。

この場合は、学校ホームステイ会社の担当者に連絡をして、ホストファミリーを変更してもらうよう依頼しましょう。ただし、ある程度の確率で勘違い(ミスコミュニケーション)という可能性もあるので、話し合いをする必要がある場合はきちんと話し合いをしましょう。

3-2. 【問題度★★☆】これを学びに来たんです!文化や慣習の違い

続いて、よく聞く話なのに、理解していたはずなのに、うまく順応できない「文化の違い」

例えば、「シャワーの時間をもっと短くするように言われた」「食事が口に合わない」「洗濯は週1回でいいと言われた」「部屋が薄暗い」「夕食がサンドイッチだけだった」「部屋が寒い」「建物が古い」などなど…

実は、学生さんのお母様から、「うちの子がかわいそう」って言われることも、ありました。確かに、日本と比べたら、不便かもしれない。

でもね。

息子さんはきっと、いかに日本が恵まれているか、わかりますよ。
いかに実家暮らしが有難いことなのか、気づきますよ。

いつでも美味しいお弁当が24時間365日コンビニで買えるんですもの。湯船にお湯をいっぱい溜めて、いくらシャワーを使っても水にならないんですもの。お母さんがつくる食事に「また~?」と言うことはあっても、やっぱりおいしいんですもの。

全てにおいて日本のレベルを求めるのなら、日本にいればいいんです。

海外を見たいから、世界を知りたいから、留学するんですよね?

【問題度★☆☆】妥協も必要!個人レベルの価値観や相性

最後に、人と人ですから、個人レベルの価値観や相性はどうしたって関係あります。

「無口でコミュニケーションを取ってくれない」「なんか部屋が汚い」「私ばっかり怒られる」別にそれは海外だからとかホストファミリーだからとかではないです。

だって想像してみてください。

隣のクラスにいる人全員と、ストレスなく共同生活できますか?隣の部署にいる人全員と、ストレスなく共同生活できますか?無理じゃないですか?w(私だけ?)

「あ、あの人ちょっと苦手」って思ってしまった人がいたら、きっと相手もそう思ってます。でもそれはどっちが悪いとか、そういう話じゃない。相性が良くなくても、育った環境が違くても、うまくコミュニケーションを取っていく、そのための力をつける。それが留学を通してあなたが得たかったものではないですか?

日本人は奥ゆかしくて、文句があっても口にしないで、我慢する。それは私は素晴らしいと思います。でも、ひとこと声を掛けるだけで、案外好転する場面だってある。もし勇気がなければ学校やホームステイ会社のスタッフに相談してみる。きっと、現地の人の視点で、ホストファミリーが何を考えているのか教えてくれると思いますよ。

まとめ

ホームステイについて、少しは不安が減ったらいいなと思って今回の記事を書きました。

いいことばかりじゃない留学!でもだからこそ学ぶこともたくさんあります。

前向きに、柔軟に、良いホームステイ生活をお送りください★

以上です!何かあったら、相談してね!

ABOUT ME
トリカナ
トリカナ
海外に行きたいけど不安がたくさんある人を応援したくてブログを始めました。ひとりひとりが自分に正直でいられる世界になってほしいなと思いながら生きています。