留学の計画を立てよう

ホームステイ?学生寮?留学中の滞在先の選び方はこうです

Accommodation
その辺のネコ
その辺のネコ
結局、ホームステイと学生寮はどっちがいいの?

留学中の滞在先は、主にホームステイそれ以外(レジデンス、学生寮、シェアハウス、アパートメント、ホテルなど)に分けられます。

それぞれ条件が異なるので、どちらにしよう…と悩む方も多いのではないでしょうか。

今回は、それぞれ滞在方法のメリットとデメリットを比較してみたいと思います!

滞在先にも色々ある

留学中の滞在先と言えば、ホームステイを思い浮かべる人が多いですよね。

でも実は、ホームステイ以外にも色々な種類の滞在方法があります!

通常、留学エージェントを経由して滞在先を申し込む場合、学校が契約をしているホームステイ先かレジデンス(民間の宿泊施設)を紹介されるケースがほとんどですが、それはあくまで沢山ある選択肢の中の一部。

もちろん、学校が選んでいる滞在先はクオリティや価格ともに問題ない所が多いですが、少し視野を広げて自分の目的にぴったりの滞在方法を見つけてみませんか?ここでは、ホームステイレジデンス学生寮シェアハウスの4種類の滞在方法をご紹介します。

ホームステイ

ホームステイは、一般の家庭に家族の一員として迎え入れてもらう下宿スタイルの滞在方法です。ホストファミリーはその国出身のネイティブの場合もあれば、他の国出身で、その国に移住してきてから長く経っている人も含みます。

メリット

ネイティブスピーカーと交流できる

一番のメリットはこれではないでしょうか。大学や専門学校に正規留学するならともかく、語学学校に留学するのであればクラスメートは全員留学生。間違った英語を使って話していても気づくことができないし、ネイティブ表現スピードを学ぶこともできません。同じ国籍同士で固まって母国語で話すなんていうケースも。ホームステイであれば、その国出身(もしくは、移住してきてから何年も経っている)ホストと一緒に暮らすことになりますので、言語はもちろん、その国の文化風習も学ぶことができます。

食事つきのプランが多い

見知らぬ土地に来て、最初から1日3食自分で用意するというのはなかなか大変なものです。特に、日本で一人暮らしをしたことがない人はなおさらのこと。契約をしている学校やホームステイ会社により異なりますが、ホームステイは大体「Roomstay(部屋のみ)」「Bed and Breakfast(朝食のみ)」「Half board(朝夕食付)」「Full board(3食付)」などといった選択肢があります。また時々「Half board」=平日2食・土日3食のようなケース(オセアニアに多い)や、「Roomstay」に「キッチンを使用する(自炊する)権利」が付くプランがある場合もあります。

デメリット

価値観やライフスタイルが合わない可能性がある

日本人同士でも「この人とは一緒に暮らせないな・・・」と感じる人はいますよね(正直になってください。)?さらに言うと、一緒に暮らしている夫婦でさえも、「なんで洗濯物を放置するの!」とか、「なんでそんなことに無駄遣いするんだ!」とか、そういうストレスが皆無かといえばウソですよね。

ましてや、相手が生まれも育ちも異なる外国人となれば、どちらが良い・悪いということではなく、価値観ライフスタイルスタイルが「合わない」ことがあるのは容易に想像がつきますよね。

よく問題になるのは、以下のようなもの。

・就寝時間と起床時間(ホストが朝、起きてこない)
・コミュニケーションの頻度と密度(ホストがあまり話してくれない)
・食事の量(少なすぎる、多すぎる)
・部屋の整理整頓(汚い、几帳面すぎる)

このような問題については、感情的になったり、被害妄想をしたりせずに、自分の価値観と意思を伝えることが大切です。例えば会話が少ないと思うなら、「英語がもっと上手になりたいし、もっと良い関係を築きたいから、もう少し話したい」と伝えること。日本人のように「言わなくてもわかってくれる」とは考えないことが重要です。

もし、一人で解決するのが難しいのであれば、学校やホームステイ会社など、他の人の助けを借りること。全て至れり尽くせりで楽しく帰ってくるだけが留学ではないのです。問題が起きた時、自分で解決する。他の人に助けてもらう。その経験が、留学をより意味のあるものにしていくのだと思います。

交通公共機関を利用した通学が必要

例えば、銀座に勤め先の会社があるからと言って、銀座にみんなが住んでるわけじゃないですよね?理由は、地価が高いから。それは海外でも同じなんです。

学校(特に語学学校)は基本的に利便性の高い中心地にありますが、ホストファミリーの家は郊外にあることがしばしば。そうなると、大きい街であればあるほど、バスや電車を乗り継いで通学しなくてはいけません。平均で30~60分の家庭が多い印象ですが、大都市など中には1時間以上かかるようなケースも。「地図が読めない」「周囲の人に質問できないくらい英語力が低い」人にとっては、少しハードルが高いかもしれません。

レジデンス

レジデンスは主に学生向けの宿泊施設を指します。

ベッドルームは個室または相部屋で、キッチン・リビング・バストイレなどは共用の場合が多いです。一緒に共有する人数は物件や料金によってもまちまちですが、通常2~6名程度のところがスタンダード。「アパートメント」と呼ばれているケースも多いですが、アパートメントはキッチン・リビング・バストイレも全てプライベートで使用できる部屋を指す場合が多いようです。

メリット

自由度が高い

ホームステイの場合は各家庭毎にハウスルールが存在し、食事や門限の時間が決まっていたり、シャワーの長さや洗濯の回数に口出されるなどのケースがあります。しかし、レジデンスであればそのような心配をする必要がないため、ある程度現地生活に慣れた人や、プライベートな空間や時間を大切にする人から人気です。また、特に大学生~20代後半くらいまでの人であれば特に、同年代の学生が宿泊しているケースが多いため、仲良くなって楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

好きものが食べられる

ホームステイの場合、「Bed and Breakfast」などにしない限り、美味しくても不味くてもホストファミリーの作ってくれた食事を食べるしかありません。しかも海外の食事は往々にしてハイカロリー。「友達が留学に行ったら太って帰ってきた」なんて、本当によく聞く話ですよね。レジデンスの場合、例外として食事つきのケースもありますが、大概のところは自炊が必要です。しかし、自炊をすることで、栄養や摂取カロリーを管理できるのはもちろん、日本で親に頼り切りな方であれば、これを機に自立性を養うことができます。

デメリット

ネイティブと接する機会が減る

エージェントや学校を通じて申し込む場合、レジデンスは基本的に留学生が多いです。そのため、ホストファミリーから正しい英語を学んだり、文化を学ぶことはできません。また、大学やカレッジに通っている方はともかく、語学学校に通っている方であれば、クラスメートは当然100%留学生。そうすると、家でも留学生と話し、学校でも留学生と話すという環境になります。「同じ国同士で固まる」「部屋に引きこもって離さない」という事態にもなりかねません。外部でネイティブと交流する機会を作れる積極性がないと、後悔してしまうかもしれません。

学生寮

学生寮は「現地大学の学生寮」と「語学学校の学生寮」で少し性質が異なりますが、ここでは「現地大学の学生寮」について述べていきます。「語学学校の学生寮」は、どちらかというとレジデンスやアパートメントに近いと考えてよいでしょう。

メリット

安い宿泊料で現地の学生気分が味わえる

最大のメリットはやはり「学生寮に泊まっている!」と感じられることではないでしょうか。特に有名大学であればなおさら、勉強のモチベーションも上がりそうですよね。しかも、アパートメントなどに比べると費用が安めに設定されているため、倹約が必要な留学生には最適な滞在先と言えます。

通学時間が短くて済む

学生寮はキャンパス内もしくはキャンパスの近くに設置されることが殆どのため、通学のためにバスや電車で1時間移動する必要がありません。治安上も、経済的にも、「通学時間が短い」というのは留学中の大きなメリットです。また、海外の学校では宿題がたくさん出されるため、時間を無駄にせずに勉強に集中して取り組むことができます。

デメリット

あくまで大学生向けのクオリティ

学生寮は、クオリティのばらつきが大きいですが、あくまで学生向けの滞在先なので、いずれの場合も大きな期待はしないほうが良いです。特に歴史の長い大学の学生寮などは、古い建物を使用しているため、老朽化していたり、エアコンが付いていないケースもあります。また、バストイレは共有が基本なので、一人でバストイレを使いたい!という方にはおすすめできません。

短期留学の場合、利用できないケースも

「語学学校の学生寮」の場合は、年間を通して利用できますが、「現地大学の学生寮」の場合、語学学校の生徒は夏の間しか利用できないケースが多いです。なぜなら、学生寮はもともと、現地大学の正規学部生が利用するために建てられているもの。夏休みの間だけ正規学部生が里帰りや旅行で不在になるので、その空室を留学生にあてがい、利益にしているのです。

シェアハウス

シェアハウスと聞くと、楽しそうな響きがしますね。海外では、ルームシェアなどと呼ばれています。ベッドルームの数だけ泊めている場合もあれば、Den(サービスルーム、窓のない小さな部屋)やLiving room(衝立で一部分だけ目隠しをする)、Solarium(大きな窓に面した小さな部屋)なども使用し、泊めている場合もあります。

メリット

物件によっては中心地でも安く滞在することが可能

オーナーのいる一戸建てやアパートメントを複数の学生でシェアすることで、家賃を低く抑えることができます。基本的に街の中心地で一人で済むと家賃は高くなりますが、シェアハウスであればそれが可能です。

デメリット

短期留学には利用しづらい

オーナーは「3か月以上」「半年以上」といった長期の契約を望んでいるケースが多いです。そのため、4週間以下の短期留学生が使用しようと思っても、貸し出してくれなかったり、滞在期間のわりには自分でやろうと思うと手続き(内見、契約、解約)が面倒だったりということがあります。時々、語学学校でもシェアハウスを取り扱っているところがありますので、短期の方はそちらに相談してみると良いでしょう。

まとめ

滞在方法は、種類も沢山あれば、物件も沢山あります!

一番簡単なのは、エージェントや学校の言うとおりに紹介されたものを利用することですが(笑)、「立地」「設備」「料金」「環境」「食事」、何かしらこだわりたいものがあるなら、自分で探してみるのもひとつの手です。探しているうちに、英語や現地の慣習の勉強にもなるのでオススメです。頑張ってみてください★

ABOUT ME
トリカナ
トリカナ
海外に行きたいけど不安がたくさんある人を応援したくてブログを始めました。