留学の計画を立てよう

【留学】レジデンス/アパート/学生寮滞在に向いている・向いていないのはこんな人

residence

前回の記事のホームステイに引き続き、今回は「レジデンス」について紹介していきます。

留学中の滞在先を決めかねている人に向けて、私が留学相談に乗る中で感じたレジデンス滞在に向いている人・向いていない人についてお話していきます。

レジデンスとは

レジデンスとは、一般的に学校等が紹介・斡旋をしている民間の宿泊施設を指します。「学生寮」「アパートメント」「スチューデントハウス」「シェアハウス」等、色々な呼ばれ方をしています。

「学生寮」は、学校が建物を所有し、直接管理をしているケースが多いです。現地大学のキャンパス内にある寮はもちろん、私立の語学学校でも独自の寮を持っているケースもあります。基本的にバストイレやキッチンは複数人でシェアをして使います。

「アパートメント」は、「学生寮」に比べるともう少し高価格帯で、1つのユニットの中にキッチンやリビングがあるケースが多いです。ジムやビジネスセンターなどの共有設備がある場合もあります。

「スチューデントハウス」や「シェアハウス」は、オーナー/管理人がいる一戸建ての家を複数人の学生でシェアします。稀に一戸建てではなく、アパートメントの場合もあります。

その辺のネコ
その辺のネコ

呼ばれ方と内容についてはごちゃまぜになっているケースも多いから、名前に惑わされずに内容をよく確認することが大事!

レジデンス滞在のメリット

プライベート空間を確保できる

ホームステイとの一番大きな違いはなんといってもこれでしょう。

レジデンスによって

  • 「Private room with en-suite bathroom(一人用のバストイレ付個室)」
  • 「Studio(広めのワンルーム)」
  • 「Private room with shared bathroom(ベッドルームのみ個室、バストイレは共有)」
  • 「Shared room(ベッドルームとバストイレが共有)」

など様々な部屋タイプがありますが、いずれの場合もホームステイと比較すると個人の生活が尊重されるでしょう。

目的に合わせて、「完全に一人」になることもできるし、「ベッドルームだけ個室で、共有部はルームメイトと一緒」にすることもできます。

他の留学生と交流できる

ホームステイが親世代や子供たちと過ごせる場所なら、レジデンスは自分と同じような留学生と交流を持てる場です。

完全にプライベート重視のアパートメントだと交流は難しいかもしれませんが、いわゆる学生向けのレジデンスであれば、「談話室」「ジム」「自習室」などを備えているところも少なくありません。

さらに、レジデンス内でイベント(BBQ、パーティ、ハロウィンなど)を開催するようなところもあります。みんなでわいわい過ごしたい人にもおすすめです。

自炊をすることができる

普段から自分で食事を作る人は、現地の食材等を使い料理をしてみると面白いかもしれません。

スーパーの様子も日本とは大きく違うので発見も沢山ありますし、自分の国の料理をルームメイトにふるまうのもひとつの楽しみです。

海外、特に欧米は往々にして外食が高価です。自炊をすることで節約することができます。さらに、栄養や体重のコントロールもできますので、自己管理ができる人には特にお勧めです。

立地を選べる

徒歩で通いたければ学校近くのレジデンス、節約をしたければ郊外のレジデンスなど、自分で住む土地を選ぶことができます。

学校を通してホームステイを申し込む多くの場合、直接立地を指定できない場合が多いため、これは大きな違いと言えます。

短期留学の場合は、通学時間は大きなタイムロスになる(勉強時間が減る、友達と遅くまで遊べない)ので、学校の近くに住むことをお勧めします。

レジデンス滞在のデメリット

自立性が求められる

色々と面倒を見てくれるホストファミリーはいません。

チェックイン・チェックアウトを始め、「お湯が出ない」「電気がつかない」など設備に問題があった時などはすべて自分で解決しなければなりません。

もちろん、現地の管理人の多くは日本語がわかりませんから、英語で相談する、解決することが必要になります。

ネイティブと交流できない

これは100%絶対という訳ではありませんが、多くの学生向けレジデンスは基本的に留学生が多く住んでいます。留学の醍醐味である「現地の生活を学ぶ」機会はホームステイに比べると減るでしょう。

特に、正規留学でない場合は、ボランティアやミートアップなどといった外部での交流機会に積極的に参していくことが必要です。

家事が大変

食事、皿洗い、洗濯、掃除・・・。ホームステイであればホストファミリーがやってくれる家事も、レジデンスの場合はすべて自分でやらなくてはいけません。

特に初めての土地であれば買い物ひとつでも一苦労。英語が苦手ならなおさら。勉強や仕事と並行してこれらの家事をこなす自信がない人は、ホームステイの方が安心でしょう。

中心部だと宿泊費が高い

レジデンス、特に様々な設備が整ったアパートメントは宿泊費も高額なことが多いです。ホームステイの方が食事もついているのに宿泊費が安い、というケースはよくあります。

もしどうしてもホームステイ以外が良いが、予算も限られているという場合は、シェアハウスやルームシェアを検討しましょう。

レジデンス滞在が向いている人

プライベートな時間と場所が欲しい人

一定のルールはありつつも、基本的に好きな時に寝て・食べて・出かけて・帰って・シャワーを浴びることができます。

完全にひとりの空間が欲しい人はもちろん、一緒に住む人がいてもいいけどルールは厳しくない方がいい・・・という人にもおすすめです。

自活ができる人

日本で既に自活ができている人は、海外生活にも自然と移行することができるでしょう。

レジデンス滞在が向いていない人

英語で問題解決をする自信がない人

滞在中に何かトラブルが起きた時は、自分で解決するしかありません。問題を英語で相談する自信がない人は、ホームステイにしておいた方が良いでしょう。

ひとり暮らしをしたことがない人

日本でひとり暮らしをしたことがない人が、いきなり海外で家事と勉強と遊びを同時並行したら恐らくパンクします

もちろん、「自分はできる!」もしくは「これを機にできるようになりたい!」という人はぜひ挑戦してほしいですが、大変であることは確実です。

中長期留学であれば、現地生活に慣れるまでの間に、数週間ホームステイのクッションを置くとよいでしょう。

留学の目的をもとに滞在先を決めよう

レジデンス滞在は、慣れない土地でも自分で身の回りのことをできる生活力のある人におすすめの滞在方法です。

初めての土地で自炊、洗濯、掃除などの家事を勉強と並行してこなすのは大変ですが、プライベート空間を確保したい大学生や社会人の方にはオススメです。

様々な滞在方法の中から自分なりの理由を見つけて決定することをお勧めします★

以上です!あなたにぴったりの滞在先を見つけて、留学楽しんでね!

ABOUT ME
トリカナ
トリカナ
海外に行きたいけど不安がたくさんある人を応援したくてブログを始めました。ひとりひとりが自分に正直でいられる世界になってほしいなと思いながら生きています。