留学の準備をしよう

【カナダ・ビザ申請】バイオメトリクス登録の方法はこちら

biometrics
その辺のネコ
その辺のネコ

バイオメトリクスとはなんぞや。

2019年より、カナダにビザを取得して渡航する人に対し、「バイオメトリクス(生体認証)」が求められるようになりました。

本記事では、これからカナダに学生ビザやワーキングホリデービザを取って渡航する方に向けて、バイオメトリクスの登録予約~当日の流れまでご説明します。

「バイオメトリクス(生体認証)」は「指紋」と「顔写真」の登録のこと

バイオメトリクス(生体認証)とは、生物個体が持つ特性により個人を認識する技術のこと。簡単に言ってしまうと、カナダビザ申請においては「指紋の採取」「顔写真の撮影」の2つを指します。なーんだ、とっても簡単ですね!

その辺のネコ
その辺のネコ
6か月未満のeTAで渡航する場合は、バイオメトリクス不要やで。

カナダビザを申請するにあたり、このバイオメトリクスの登録が必要になります。

2019年4月現在、日本国内で登録ができるのは唯一1か所、東京「カナダビザ申請センター」のみとなっています。

東京以外の方は、新幹線や飛行機を使ってでもこの申請センターに出頭しなければいけませんので、大変ですががんばってください。

<登録場所>
カナダビザ申請センター
〒105-0014
東京都港区芝1-4-3 SANKI 芝金杉橋ビル4F

簡単3ステップ!予約から登録まで

それでは早速、具体的な予約から登録までの流れを見ていきましょう。

申請アカウントを作成する

まずは、申請用のアカウントを作成します。

アカウント新規作成用URL

こちらから登録してください。
※VFS.GLOBAL > グローバルメニューの「予約する」> 「オンライン」のタブを開く > 先頭の「予約する」 > 右下の「新規のご利用ですか? 」> 新規ご利用のご登録

アカウント新規作成

日本語の画面指示に従って、情報を入力してください。
・「名」 名前(アルファベットで)
・「姓」 苗字(アルファベットで)
・「メールID」 登録用のメールアドレス ※すぐに確認できるもの
・「パスワード」 任意のパスワードを考えて入力
「I Acknowledge terms and conditions」のチェックを入れて提出。

アカウントの有効化

登録メールアドレスに届いた確認メールのURLをクリックし、アカウントを有効化します。

これでアカウント作成は完了です!

登録の予約を取る

次に、実際に予約を取ります。

登録者の新規作成

アカウントにログインしたら、一番上のタブ「ご予約をする」をクリック
各項目を以下のように選択し、「続ける」をクリック

・選択国籍 「JAPAN」
・場所 「Canada Visa Application Center – Tokyo」
・申請者数 「1」
・ビザの種類を選択する 「Biometric Enrollment」

「申請者追加」をクリックすると入力ページになる
各項目を以下のように入力、「続ける」をクリック

・「名」 名前(アルファベットで)
・「姓」 苗字(アルファベットで)
・「ご連絡先のお電話番号」 +81-XX-XXXX-XXXX ※81は日本の国番号
・「メールID」 登録用のメールアドレス

登録日時の選択

カレンダーが表示されるので、希望の日付と時間帯を選択し手予約

予約確認書の印刷

予約確認書のPDFファイルが添付されたメールが登録メールアドレスに届くのでダウンロード

PDFファイルにはパスワードがかけられているので、ご自身の名前と生年月日を使い、アカウント内の指示に従って開く

開けたら、紙に印刷しましょう。

ビザ申請センター(VAC)で登録する

最後に、実際に申請センターへ赴き、バイオメトリクス登録を行います。

場所

カナダビザ申請センター
〒105-0014
東京都港区芝1-4-3 SANKI 芝金杉橋ビル4F
※JR浜松町駅から徒歩で約8分

集合時間

予約時間の15分前

持ち物

Biometric Instruction Letter、バイオメトリクスの予約確認書、パスポート
※生体認証に関する同意書は当日オフィスでもらえますので、その場でサインをします。

所要時間

書類確認、簡単なセキュリティチェック、同意書署名、生体認証、すべて合わせて大体15分ほどで終了します。

まとめ

登録が完了すると、ビザの審査が開始されます。審査の時間は人により異なり、バイオメトリクスの登録後、数日~数週間(長いと数か月)かかります。

※ちなみに私の場合、バイオメトリクスの登録を済ませてから約1週間でビザが下りました。

余裕を持って登録を済ませるようにしましょう★

ABOUT ME
トリカナ
トリカナ
海外に行きたいけど不安がたくさんある人を応援したくてブログを始めました。